TOP ≫ CATEGORY ≫ 演劇
CATEGORY ≫ 演劇
       次ページ ≫

乱鶯@新橋演舞場

東京公演は金曜日が楽日でした
木曜日昼の部に行ってきました

劇団新感線の舞台です
テレビでもすっかり有名になった古田新太さんですが、今回の役も大活躍
正統派の時代劇です
大音量ロックオペラも楽しい新感線だけれど、久々に正統派時代劇を観ました
スキャン_20160401
西日本の公演はこれから
時代劇好きな方、どうぞ
泣けます、感動します
高田聖子さんて、どんな役をやらせても秀逸
スポンサーサイト

トーマの心臓&訪問者@シアターサンモール

イベント盛りだくさんの一週間でしたけど…
木曜日の午後、スタジオライフの公演、昼の部「トーマの心臓」夜の部「訪問者」を観てきました

映画でも、舞台でも、眉間にしわ寄せないと観られないものは遠慮したいので
どちらかというと、暗めの演目は、スタジオライフでも避けてきたオバサンです
決して明るい話ではないけれど、萩尾望都ワールドとなれば、話は別!

水曜日の2本の映画に続きますが、萩尾望都ワールドに浸るためなら
二本続けての舞台鑑賞にも頑張るオバサンです

真ん中のブロックの端っこの席に座っていたら、通路を挟んだ隣の席から
「Mちゃん!?」と声かけられて
「Aちゃん!」と私
映画も演劇も私以上に観ている友人なので、いつか会うかしら?と思っていたけれど
隣の席なんて!
スキャン_20160311 (2)
さて、「トーマの心臓」の方は、そろそろ、キャスト全員若手に譲らないとね、ギムナジウムが舞台なので…
(席が前方だったので、出演者の実年齢が見えちゃう)
「訪問者」の方は、(席が後方だったせいもあるけど)「トーマ~」より、大人の役が多かったので違和感無く観れました

五右衛門VS轟天@赤坂ACTシアター

3日が楽日でした
私が行ったのは、その一週間前

劇団新感線の舞台は久々かも…
(とはいえ、最近、どこかにお出かけしても、その都度、ブログに書いてないだけですけどね)

今年、劇団結成35周年だそうで
「35周年オールスターチャンピオンまつり」との副題があります

赤坂

35周年のお祭り的作品というところかしら
いつも以上にナンセンス、お騒がせ~
何にも考えず、そこでそれか?!と突っ込みもせず、ガハハと笑って観る舞台です

パルコミュージアムで9/11~23で、大☆新感線博をやるそうです
(大阪では、11/6~15梅田HEP HALLだそう)

チラシには、大きな字で「35年分の汗とバカと情熱をお届けします」とあります

抜け目のない未亡人@国立新劇場

月曜日の昼の部に行ってきました

三谷幸喜さんがイタリアの同名戯曲(もちろん喜劇)を現代風にアレンジ

前作「酒と涙とジキルとハイド」の時に
「ドタバタ喜劇にしたかった」という三谷さん
確かに、いつもの「笑わせて笑わせて最後にホロッ」の、ホロッがいつもより少ない、と思いました

そして今回も、その傾向
芸達者な大竹さんならでは…仮面をかぶって、少女から老女までこなします
舞台狭しと小柄な大竹さんが走り回ります
さすがだわ…
同世代、頑張らなくっちゃ!!
未亡人 001

今日が楽日です
三谷さんの作品は、チケットがなかなか買えません

トーマの心臓@紀伊國屋ホール

18日水曜日、ヤマハの帰りに行ってきました
お気に入りのイケメン劇団スタジオライフの公演です

萩尾望都さん原作で、この公演は8回目なのだそう
私はそのうち、何回、観てるのかしら~

美少年がいっぱい出てくる話なので、スタジオライフの真骨頂て感じです
今回はAチームの楽日ということで終演後舞台挨拶つきでした

以前、演出の倉田淳さん交えたトークショーつきの舞台を観たことがあります
この話はなんてことない話なんですよ、と倉田さんがおっしゃってたのを思い出しながら観てました
多感な思春期の少年の心の葛藤の話、もちろん携帯なんてなかった頃の…
今なら、携帯駆使してまた違ったお話になるのでしょうね
若い人が観たらどう思うのかしら?聞いてみたい気がします

こちらは、スタジオライフのファンクラブ入会のチラシ、下半分は会費納入の振込用紙なのでカット
ね?カワイイでしょ?
クラブライフ 001

あいかわらず、観客の95%ぐらい、女性
最近、自分が一番年長者??と思って観てます