TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

レース編みのリュック

四角いリュックが流行っているそうで…
あら、先取り?!

夏向きのバッグが欲しくて、
一応、ぷらーっとバッグ売り場はウロウロしてみたのですが
そうだ!家に山のように生地、糸、副資材、キットがある!と思い出し…
別のものを作るつもりで買っていたレース糸ですが
おそらく最初に予定していたものを作ったところで使わないわ~、と判断、
(何しろ、生活形態は時間とともに変化、わかりやすく言えば、子供服を作ろうと用意していたら
子供の方が大きくなって材料が足らなくなった、に似ています)
思い切ってレース編みのリュックを作ってみようと思い立ちました

編地は主婦の友社「かぎ針すいすいレースの雑貨」を参考にしました
あとは、お得意の適当、行き当たりばったり
裏にファスナー付のポケットがついてます
ファスナーとかばんテープ以外は家にあるものを採用
ファスナーのサイズがそろわず、ユザワヤを二軒回ってしまいました
どうしてこう、いつもいつも、欲しい色とサイズだけ、在庫切れになるんでしょうね~
他の色、サイズは山のようにあるのにね…
重宝してます
リュックレース編み
スポンサーサイト

フルートバッグ&楽譜用リュック~その8~

先週、バンドのクロチャンに、「いくつ持ってるの?」と聞かれて…
「……9……」

「その6」まで一気に作った後、もうしばらく作らない、と思っていました
先日、吉祥寺で時間があったので、ユザワヤの生地売り場と副資材売り場をウロウロしながら
やっぱり、これなら!と思えるキルト地と、それに見合う副資材をそろえるのってなかなか大変と実感

そんな中、通販サイトをウロウロしていて(実際の売り場をウロウロするのと、疲労感が全然違う!)
ベージュ系とオレンジ系の生地と副資材を買ってしまいました

ベージュ系の「その7」については、前述
オレンジ系の「その8」は、片付けて出てきた若草色のファスナーを使えるかな?と荷物の到着を待ち
かばんテープのバナナカラーに合わせて、縁取りバイアスにも若草色を採用
どうせならと、リュックのポケットのファスナーにバイカラーのファスナーを合わせてみました
このファスナーは、新たに、同じ通販サイトで買い足したもの…
(こうやって、「その9」の材料まで買ってしまったのですがこの話は後ほど)
バッグ&リュック

オレンジ系の服に合わせて使ってみました
ヤマハの日に、どの服とバッグを合わせるか考える楽しみが増えました~!!
なんと仕上げたのは、パリ旅行前!

パッチワークを作る

ちょっと質問がありましたので…
でも、お恥ずかしいぐらい、適当に作ってます

たまたま、ロックミシンの糸が白しかなかったということと、
ミシンのステッチ糸に赤を使ったのが功を奏したというところでしょうか
ロックミシンがなければ、ジグザグミシンで充分代用できると思います
ピースを重ねるのは、5ミリから2センチぐらいまで
穴が開かないように、生地が波うたないように重ねるように心がければいいと思います

赤いステッチ糸の縫い方は、ジグザグミシンのパッチワークステッチ
このステッチは、壊れちゃったジューキミシンも、新しいシンガーミシンも共通なようです

パッチワーク2

パッチワーク3

パッチワーク4

こんな感じで、少しずつ大きくしていきます

これが本当のパッチワーク

パリ旅行の前後から憑りつかれたようにミシンカタカタ
なぜ片付かないかを考えたら「もったいない」と思うから捨てられない
洗うのも、水や洗剤がもったいないと思うくらい汚れたら捨てるしかないわよね~
何回か洗うとして、最後に捨てる物って何?と思ったら、クッションカバーにたどり着きました

ミシンが壊れるほどカタカタし続けて…

このほかに、座椅子カバーを作って、ピースにならないような小さいキルト地はさらに細かく切って
詰め綿替わりにしました
ひと山片付きましたよ~
パッチワーク

パッチワークのピース地を見ていると、ああ、こんなの作った、あんなの作ったわ~と思い出されてノスタルジア
子供のランドセルや思い出の制服のミニチュア化に似た効果、思わぬ効用

キューブシフォン@GOKOKU

21日木曜日、今月2回目の「おばさんぶる」(主婦が集まって楽器のアンサンブル)

リズムフェイク「黒い瞳」の仕上げ
次回から「オーラリー」
その後は、超大作、「ボヘミアンラプソティ」
キイが変わるわ、リズムが変わるわ、オバサン、オタオタ
ボケ防止、ボケ防止、と言い聞かせつつ、取り組むオバサンであります

さて、お楽しみのスイーツは、GOKOKUのキューブシフォン
四角に焼き上げたシフォンケーキの真ん中に生クリームたっぷり~
シフォンがフワフワ、生クリームもフワフワ~
シフォンケーキ

アミアミ作品その…

発想の転換
昨日、レシピ本を探すのに苦労したので
本から作品を探しました

こちら、日本ヴォーグ社美しいかぎ針編み春夏5(1997.3.10.発行)
クロッシェベスト

昨日も登場した春夏のかぎ針編みvol.3から、昨秋のクラス会で着たもの
デビューは、2002年のイギリス旅行!
グリーン長袖カーディガン

レーシーボレロ

パリ旅行の直前からチクチクアミアミミシンカタカタの日々
GWも出かけなかったわけではないけれど、チクチクアミアミミシンカタカタ
こんなにため込んだキット、生地、糸、どうするの~!!??と思いながら
パリでも誘惑に勝てず、ま…お土産ですから…と妙な言い訳しながらお買いもの

たぶん、季節外れというか、仕上がる前に寒くなったのでしょうね~
編みかけのサマーニットが出てきました
仕上げましたよ

ぺらっと一枚のレシピ(あみもねっと)
ネット通販で買ったものですね
ブルーボレロ

ついでと言っては何ですが、アーカイブから少しずつ写真を撮っておこうと思います
ペイズリー

レシピを探すのも一苦労なぐらい前の作品ですけど…(こんなのばかりです)
日本ヴォーグ社華麗な模様を楽しむ春夏のかぎ針あみVol.3(2001.3.1.発行)

ブリリン in アナ雪柄

久々の登場
「お疲れ」だとか、「時差ボケ」だとか、言い訳はたくさんありますが
単にサボってるといいましょうか、最近、お散歩がショートコース
汚れ防止の目的以外には、服を着せる必要のない季節にもなりました

せっかくなので、新作アナ雪柄で公園に行ってみました

リンジー
IMG_8069.jpg

ブリトニー
IMG_8073.jpg

新緑眩しい季節です

リバティプリントで作ったもの

リバティプリントは可愛くておしゃれで好きですが、ちょいとお高い!
既製品も、リバティプリントを使ったものだとやはりお値段高め
失敗したらもったいないという気持ちもあるし、ブリリンにはもったいない(何しろ汚す!)ので
ほかの生地に比べると、それほど買っているという意識は無かったものの…

でも…やっぱりため込んでしまった
夏用のタンクトップはいっぱいあるので今回は半袖ボレロにしようかと思っていたら
水色と紺色のオープンファスナー(40センチ)が出てきました
水色系と紺系の生地を使って…
ファスナー

ファスナー無しでも、こんな感じで
テリア柄

リバティプリント

なかなか、おしゃれなアンサンブルができたでしょ

フルートバッグ&楽譜用リュック~その7~

ちょっと、時系列に振り返って…(「独り言」のブログよ!と開き直り)

あまりに生地をため込んじゃったので・・・
まず、せっせとブリリンのお洋服を作りました
(未発表の作品たくさんよ~)

次に、微妙な色の副資材を販売しているショッピングサイトを見つけちゃったことがうれしくて
フルートバッグ&楽譜用リュック2セット分(ベージュ系、オレンジ系)の副資材とキルト地を購入
(キルト地、D管とかばんテープのみ、ファスナーは、ユザワヤの方が種類があるのは、チェック済み)
で…、生地と副資材が届く前に、片づけものをしてたら(順番めちゃくちゃよね~)
何に使うかも思い出せないくらい前に買った、たくさんのファスナーとD管が出てきました
(これが、4月6日のブログにつながります)
この古いファスナーの発見のおかげで、自分用に作る服のデザインが決まりました
ベージュ系のバッグ&リュックは、ファスナーを新たに買わずにできそう

で…、途中まで作ったところで、パリはカワイイ手芸用品屋さんがたくさんあるとのことなので、製作中断
旅行後仕上げたのがこれ(ファスナーは新たに買ってない!)
フルートバッグ

ポーチ!ポーチ!!ポーチ!!!

パリ旅行の前後に憑りつかれたように、ミシンカタカタ
挙句の果てに(酷使した!)ミシンが壊れた!
修理?買換え?と思って、検索したら、ミシンって大画面テレビ並みに値下がりしていた…ので、買ってしまった!
(今まで使っていたミシンとほぼ同じ機能で値段は3分の1)

ま…作品は追々アップするとして
今回は、ポーチ

ケアーンテリアのお顔のポーチは、パリの「わんわんにゃんにゃん」で買ったもの
後ろにO管がついていて、ショルダーベルトも付いている優れものです

その下のポーチは
パリの「ウルトラモッド」で買った3種類のリボンを使って作ったポーチとリボン型ブローチ

丸いのは、職場用のクッションカバー(ボランティアでいつも作ってます)を作った残りのキルト地が
4分の1円の形のものが8枚あるので、縫い合わせて円にして
ファスナーを付けて丸いポーチにしてみました
パンヤを詰めてミニクッションにしてもカワイイかも…

ポーチ

白桃味羽二重餅@日本橋長兵衛

連休明け7日木曜日、今月一回目の「おばさんぶる」(主婦が集まって楽器のアンサンブル)

前回の続き、リズムフェイクの練習
そのあと、I see the Lightのおさらい、じっくりゆっくり見直します
そして、ボヘミアン・ラプソディの譜読みの続き、超大作なのでのんびりとね

お楽しみのスイーツは、日本橋長兵衛の羽二重餅の白桃味
羽二重もち

お餅?ケーキ?と思うぐらい、白桃の風味がジューシー!
(絵的にとっても地味ですが…)

モンパルナス

15日水曜日、もう一度、パッサージュ巡りしながら、手芸用品屋さんを回り、
生地やら、リボンやら、キットやらのお買いもの…そのために来たのよ!!

地下鉄の乗り方にも慣れて、この日の夜はモンパルナスへ

ラ・ロトンドでディナー
ラロトンド

大盛りの蒸し野菜…これで一人前よ
ブリリンパパは、ビフテキを注文
二人でシェアしてちょうどぐらい…
蒸し野菜

モンパルナスタワーから、エッフェル塔の夜景を撮って、今回のツアーは終了
エッフェル塔3

翌木曜日、お買い物をして、夜のフライトで帰国しました

せっかく、覚えたパリの地理、覚えているうちに、また行きたいな~

エッフェル塔ディナーとセーヌ河ナイトクルーズ

火曜日の夜にオプショナルツアーで、エッフェル塔ディナーとセーヌ河ナイトクルーズに行ってきました

エッフェル塔の足元に見えるのは、モンパルナスタワー
パリ市内で認められてる高層建築物は、エッフェル塔とモンパルナスタワーのみ
モンパルナスタワー

フランス料理界の巨匠、アラン・デュカス監修のレストラン、サンカント・ユイット・トゥール・エッフェルでディナーの後
(ディナー、おいしかった!!)
セーヌ河ナイトクルーズ

正時にシャンパンフラッシュのエッフェル塔
この時期、9時過ぎないと暗くならないパリです
現地ガイドさんの計らいで、エッフェル塔足元から、9時出発で
セーヌ河から見るシャンパンフラッシュ(5分間、キラキラ)

エッフェル塔足元に帰ってきた10時にまたシャンパンフラッシュ
(シャンパンフラッシュという呼び方は日本だけだそう)
エッフェル塔

セーヌ河ナイトクルーズは二度目だけれど
ルーブル美術館、オルセー美術館、ノートルダム寺院のライトニングがキレイ!!

モンマルトル

さて、14日火曜日、朝からモンマルトルへ

雲一つない青空~!!
サクレクール寺院
サクレクール

映画「アメリ」ですっかり有名になったモンマルトル
アメリも食べた、レ・ドゥ・ムーランのクリームブリュレ
クリームブリュレ
本当、フランスのお菓子はおいしい~!!

坂、階段だらけの街、モンマルトルのプチ・パンでブリリンのお洋服にと、生地を二枚買いました
日本語のお上手な店員さん、ガイドブックによると、日仏ハーフの方がいるそう、その方だったのかな?