TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
      

≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

ミクニ@丸の内

こちらは、19日木曜日
ママ友と恒例のランチ、一休.comで予約して、お得なランチに行ってきました
敷居が高いミクニですが、これくらいなら…と…2500円のランチ

この日のランチは、予約で満席とのこと

東京産の野菜がおいしい!
スモークサーモンがたくさん、ポークも大きい!
パンもお替りできるので、男の人でもこのコースで大丈夫かも…

料理の写真は、皆さま載せているでしょ…と言い訳しながら
このグリーンのオイル、わかりますか?アボカドオイルだそう
味?フレッシュオリーブオイルをさらに野菜風味にした感じ
アボガドオイル

グラスワインは800円、お替りしたかったオバサンです
スポンサーサイト

ブラッスリーババルデ@不動前

一週間立つのが早い!
14日の土曜日、歴代の幹事が集まってプチ同期会(中学!!)

ちょいと、わが家からは遠いけれど、行ってきました
私のブログを読んでくれている友人が、「写真、いいの?」と心配してくれるけど
目が食べたがる(!)ので…ついパクパクと…

スイーツタイムで、我に返り(!)スマホを向けると、写真が趣味の友人がお皿の周りのものを避けてくれて…

酔っ払いオバサンが周りの皆様に助けられて、こんな写真が撮れました
ババルテ

隣でみていた友人は、「あら、こんなにきれいに撮れるの?」って!

お店の近所に住んでいる友人は、ママ友とランチに来ようと言ってました
もうちょっと、近いといいんですけどね~

ああ、そうそう、おいしくてリーズナブルですよ、駅から近いし、オススメ!

キャステロブルー@チーズワールド

先週の木曜日、今月一回目の「おばさんぶる」(主婦が集まって楽器のアンサンブル)

「おばさんぶる」主催者のkeiさんとは、主婦バンドでもいっしょ
「粉雪」の楽譜(おばさんぶる用のアレンジ譜)を頑張って書いたら、力尽きて
「勝手にしやがれ!」(主婦バンド用のメロディ譜)の楽譜は買って済ませてしまった、とkeiさんから聞きました

前日の水曜日、主婦バンドで大いに盛り上がった「勝手にしやがれ!」ですが
力のこもった「粉雪」ともなると…あら~素敵なアレンジ!
仕上がるのが楽しみ

「ボヘミアン・ラプソティ」はとてもよくなりました~
なかなか、技術がついていかないですけどね…

お楽しみのスイーツは、リュバンチーズワールドのキャステロブルー
ブルーチーズの入ったチーズケーキは、前回のサントーバン以上にワイン向き!
キャステロブルー

YAZAWAだぜ~!

ブリリンパパは、ビールが大好きなので…
キャンペーンシールをまめにためると、こんなものがもらえます
YAZAWA.jpg

中身は同じビールですけどね…

そうそう、ただ今、主婦バンドの方で、「時間よ、止まれ」練習中です

ピンクのスヌード

昨冬あたりから流行りだしたスヌード、今年も店頭にいっぱい並んでます

こんなスヌードを作ってみました
スヌード

というと、聞こえはいいですが…
昔昔の編みかけのセーター、身頃の10センチほど編んだところで、「飽きた」のでしょう
今となっては、編み図もどこへいったやら~
閉店セールで買った安~いアクリル糸だったことは覚えているので
(セーター一着分の糸があるわけで…)
ここ数年はタワシを編んで、汚れたらポイポイ捨ててました(編み上げる気はさらさら無かった!)

モヘア糸は編み直しがきかない糸なので(ほどくのが難しい)
さて、この10センチほどで止まってる編みかけのものはどうしましょ?と眺めているうちに…!!
さらに10センチほど編み足して、上下をつないで左右をはいだら…こんなスヌードになりました
あったかいし、色はキレイだし、得した気分!

ズーラシア

一週間前のお話し、お天気よかった日曜日にズーラシアに行ってきました

昔は、動物園とか、遠足っぽいイベントといえば、朝からお弁当づくりに励んだものですが
今となっては、コンビニの🍙、御弁当の方が気楽、現地のレストランも以前よりずっとおいしくなりました

絵的には地味ですが…
オムハヤシライス
オムハヤシ

ズーラシアといえば、自然に近い展示が特徴なんだそう

このチーターは、シマウマやキリンたちと一緒にいるんですよ
襲わないのかしらん…?
チーター

いろんな動物が近い!!
ゼブラ

ラストナイツ@中野ゼロホール

先週の木曜日、恒例のママ友と、ランチ、兵馬俑展、ティータイム、軽く夕食(パスタ)、試写会と半日一緒

紀里谷和明監督はこの作品に思い入れがあるようで、
東京国際映画祭から駆けつけてきたのか、終映後挨拶にいらしてました

騎士道と武士道は相いれるのか、ヨーロッパ版忠臣蔵のお話し
「忠義」のために人は死ねるのかしらん…
この人のためなら死ねるというぐらい尊敬できる上官てそうそういないと思いますが…
スキャン_20151031