TOP演劇・舞台 ≫ 三谷版桜の園@PARCO劇場

三谷版桜の園@PARCO劇場

さて、28日の木曜日、「おばさんぶる」から直接渋谷に向かい、昼の部の公演へ

3日「黒蜥蜴」
11日「天守物語」
20日「シレンとラギ」
28日「桜の園」
あら~、毎週の演劇鑑賞、幸せ~

開演前
青木さやかさんが、前説で舞台に現れます
「ヘビーローテーション」の替え歌(生ピアノの伴奏)で
三谷版「桜の園」が喜劇であること
登場人物が多くて、名前が似ていること
などなどを解説してくれました

没落貴族が「桜の園」を売らなければならなかったお話で
決して喜劇ではないのですが、それを喜劇に仕立ててしまうなんて、三谷幸喜さんらしい

貴族気質が抜けず、最後まで豪華衣装のまま、浪費癖が治らない奥様の役を浅丘ルリ子さんが好演

今回、前から2列目のいい席だったのですが
おかげで衣装の細かいところまで観れました、ファッションチェック!
手編みの衣装が目を引きました
貴族風のストールや、いかにも庶民風のストール、マフラーなど、使い分けてます
お嬢様が劇中で着ているモヘアのボレロ、カワイイ、編み図が欲しい~!

桜の園を売って、庶民の生活に新しい生き方を見出すお嬢様役を大和田美帆さんが好演
庶民になって生きることを決意したあとの庶民の衣装が印象に残ってます
(それまでは、お嬢様然とした衣装)
それから、一緒に生きる恋人(藤井隆さん)とおそろいの手編みのマフラーも

今回の舞台の音楽は、生ピアノ(荻野清子さん)

舞台の衣装とか、音楽とかのチェックも舞台を観る楽しみです

チェーホフ


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【三谷版桜の園@PARCO劇場】
さて、28日の木曜日、「おばさんぶる」から直接渋谷に向かい、昼の部の公演へ3日「黒蜥蜴」11日「天守物語」20日「シレンとラギ」28日「桜の園」あら~、毎週の演劇鑑賞、幸せ~開演前...
2012年07月03日(Tue) 00:45