TOP散歩 ≫ エドワード・バーン=ジョーンズ展

エドワード・バーン=ジョーンズ展

昨日のこと、長男のママ友と待ち合わせて、まずはランチ
新丸ビル地下のだし茶漬け「えん」へ

ゆっくりランチはできないけれど、美術館見学を控えているし、お茶漬けぐらいのカロリーで充分でしょう

いただいたのは、旬の「境港産アジの青唐味噌和えだし茶漬け」、790円
「えん」に行くと、必ずと言っていいほど、期間限定の旬ものをいただいてしまいます

お茶漬け


新鮮なアジ(プリプリ)に青唐味噌がピリッときいてます、おいしい!!

ランチの後は、三菱一号館美術館エドワード・バーン=ジョーンズ展へ
この美術館はコンパクトでいいです
あまりに広い美術館は疲れてしまいます
テーマが絞られているのも見やすいです
バーン=ジョーンズは、19世紀末にヴィクトリア朝絵画の頂点を極めた画家だそうです
聖書、神話、物語をテーマに描いてあるので見やすいです
(近代的な抽象画ではないです)
登場する人物、神々がみな美形、見ていて清々しいです
「眠り姫」(いばら姫)を描いた作品はとても素敵!

でもって、美術館を出た後、同じ三菱一号館の中にあるカフェ1894でティータイム
このカフェは美術館のテーマに合わせたデザートが食べられます
前に、ルドン展のときは、ルドンの絵に合わせてロールケーキでした
今回は、「眠り姫のデザート」
バラのケーキ


いばら姫のイメージに合わせたのか、アイスクリーム、マカロン、ムース、すべてバラ風味でした
でも、目にもうれしいきれいなデザート!
飲み物付きで1080円です

優雅な一日を過ごしてきました
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL