TOP日常 ≫ ソーラークッキング

ソーラークッキング

我が家の2階のベランダは、この季節、手すりに触れるとアチッ!!
目玉焼きができるのでは??てなぐらい…

以前から太陽熱を生かして一品おかずが増えるといいな~と…さぼり根性
テレビで見たのを真似して、アルミホイルを丸くしたものに、海苔の空き缶をマジックで黒く塗ったものでチャレンジ
うまくいかず…

今年は、フェリシモコレクションで紙の熱反射板があったので、買ってみた
銀色の熱反射板が届く前に、鍋は黒くて蓋があるのがいいだろうと、アマゾンで鉄鍋を買っておいた
(重たい重た~い鍋)

さて、熱反射板が届いて…
熱反射板の真ん中に、割り箸を置いて、その上に(反射板に直接鍋が触れない方がいいらしい)
ビニール袋に入れた鍋を置く、と書いてある

え~!
うちのベランダは、鉄板普通に置くだけで、アチッ!!よ~
と思って、ビニールに入れずに作ってみた
風のある日だったからか、イマイチ
検索してみると、風よけのビニール袋は大事らしい…
でもね~、こんなに重たい鉄鍋、どうやってビニール袋に入れるのよ?!
関節炎になるわよ~

で、黒いプラスチックの、電子レンジでご飯が炊けるというちっちゃな鍋というかお釜というか、
セシールで買った
ビニール袋に入れて、やってみたら…あら、いいじゃない!!

で、先日の暑かった日…
いつものように、夕方、冷めるのを待ってベランダに取りに行ったら、ビニールが一部、貼りついている!?
よく見たら、プラスチックが溶けて穴が開いている!!燃えた後!
ビニールの中で、温度差のためか、水滴ができるのが気になっていたんだけど、水滴が凸レンズの役目を果たしたらしい…
お~、火事にならずによかった~

で、またまた、暑くて風のなかった日、ビニールなしで鉄鍋だけで作ってみた…できた!
でも、今日ぐらい風があると、イマイチ
う~ん、腕力つけて鉄鍋をビニールに入れる練習するか…

IMG_3490.jpg



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL