TOP未分類 ≫ 中欧旅行 ~ホテル・プラハと鯉の話~

中欧旅行 ~ホテル・プラハと鯉の話~

ホテル・プラハの話、少々予告しましたが…
今回旅行した国はオーストリア以外は、ベルリンの壁崩壊以前は「東側」だった国々
(ドレスデンは旧東ドイツでした)

元東側だった国のホテルは無駄に広くて、ベッドが狭いと聞いていたけれど…

こちら、エレベーターホール
いくつかお部屋がすっぽり入りそうなくらい広い!!
IMG_3656.jpg


泊まったセミスイートの応接間(次の間)
IMG_3659.jpg

ドアの向こうがベッドルーム、ベッドは狭いです
無駄に広い(!)廊下をはさんで、これまた広~いバスルームにトイレがあります
(全部で60㎡)

ホテル内の移動は、自転車が欲しいくらい!

ホテルの玄関ホールから地下1階に続くシンデレラ階段!!
IMG_3559.jpg

こんな階段をロングドレス着て駆け下りてみたい!!乙女チックかな~(すみません…)

さて、プラハの現地ガイドのアンジェリカさんの話…
チェコでは、クリスマスに鯉のから揚げを食べる習慣があるんだとか
でもって、12月に式を挙げるカップルは、ウェディングケーキ入刀の代わりに
池須に泳いでる鯉を網ですくうんだそう…
想像しただけでも、ウェディングドレスがぬれる、生臭くなる??
で、アンジェリカさんは、12月の挙式だけは拒否したそうです

プラハでは、役所で1万円で式があげられるそう
で、お祝いに、ペアのボヘミアングラスをいただくそう
アンジェリカさんいわく、「一万円は、グラス代でしょう」ですって!

こういう、ガイドブックにない現地話、面白いです
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL