TOP手作り ≫ バッグのサイズ

バッグのサイズ

フルートを習い始めてから、悩んでいるのが、フルートと楽譜をどうやって持ち歩くかってこと
A4の楽譜とフルートの両方が入るバッグとなると、大きい!
家出娘じゃなかった、家出オバサンのよう…
それでもフルートを始めた頃はそれほど苦にもならず、エレキベースと一緒に持って歩いてました(若かった!)

もはや、エレキベースなんて持ち歩く気にもならず…(ヤマハで借りてます)
フルートは大事に持ちたいデリケートな楽器なので、せめて楽譜だけでもカートに入れて歩いたり…
と、階段の上り下りが大変
歩くだけなら、リュックが一番楽だけれど、自転車に乗るなら(駅まで)楽譜だけでも自転車のかごに入れたい
(フルートは自転車のかごの振動に弱いらしいです)

で、ここしばらく定着しているのが、楽譜はリュック、フルートはショルダーバッグ、という持ち方
で、何が問題かというと、A4の入るリュックって大きいし、今使っているフルートバッグはH管対応なのでちょっと長い
既製品のバッグが重い、というのも悩み
1グラムでも軽く、1センチでも小さくしたい!

で、A4よりちょっと大きく、チューナーぐらいは入るとして、極力小さくしたリュックをキルティングの生地で作ってみました
使ってみると、上々、あら~いいじゃない…で…今度は、C管のフルートのサイズでショルダーバッグを作ってみました
ピッコロ、財布、携帯まで十分入ります

使うのが楽しみ~
フルートバッグ
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL