TOP手作り ≫ これが本当のパッチワーク

これが本当のパッチワーク

パリ旅行の前後から憑りつかれたようにミシンカタカタ
なぜ片付かないかを考えたら「もったいない」と思うから捨てられない
洗うのも、水や洗剤がもったいないと思うくらい汚れたら捨てるしかないわよね~
何回か洗うとして、最後に捨てる物って何?と思ったら、クッションカバーにたどり着きました

ミシンが壊れるほどカタカタし続けて…

このほかに、座椅子カバーを作って、ピースにならないような小さいキルト地はさらに細かく切って
詰め綿替わりにしました
ひと山片付きましたよ~
パッチワーク

パッチワークのピース地を見ていると、ああ、こんなの作った、あんなの作ったわ~と思い出されてノスタルジア
子供のランドセルや思い出の制服のミニチュア化に似た効果、思わぬ効用
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年05月26日(Tue) 16:02
Re: No title
編集
totoちゃん、残念でしたね。
ケアーンテリアのことよりも、手作りや音楽の記事の方が多くなっちゃったので
しばらく、ケアーンテリアのブログページから遠ざかってました。
totoちゃんのことも知らずに、申し訳なかったです。
でも、マヒナちゃんカワイイ!!

パッチワークは本当に適当に作っているのでお恥ずかしいですが
せっかくの機会なので、新しく記事にしますね。
totoちゃんの思い出に作ってみてください。
2015年05月26日(Tue) 20:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL